町長の部屋

公開日 2022年09月30日

町長あいさつ

新しい町長としてご挨拶申し上げます。自分にとって、令和4年は松崎町が新しく変わる元年であると決めております。
 今、日本ではデジタル庁の創設など、かつてないスピードで社会が変化し始めています。この変化は、町民の皆様にとっても直接影響がある変化です。松崎町のまちづくりは、今まで諸先輩方が築き上げてきてくださいました歴史・文化を礎に、このような社会の大きな変化に対応し、皆様の希望と期待を松崎町という船に乗せ、輝かしい未来に向かって発進したところであります。

 現在、松崎町では、人口減少による過疎化、少子高齢化が進み、担い手不足による経済の縮小や地域コミュニティの存続危機など、課題が山積しております。この課題は当町だけでなく、賀茂地域をはじめとした全国の地方が直面している課題です。防災・観光・健康・介護・医療・子育て・交通など、これらの課題を、静岡県でも一番小さな自治体である松崎町がトップランナーとなり、解決に向けて対応していけるよう町政を進めてまいる所存です。そのためには、国や県、他自治体や大学、民間企業との連携はもとより、この地域におられる皆様方のお知恵とお力が必要であります。住民と議会、役場職員が一体となってまちづくりを進めていかなければ、地域の活性化はあり得ません。ぜひ一緒に知恵を絞り、汗を流し、輝く未来の松崎町を創っていきましょう!


                                          松崎町長 深澤 準弥

 

所信表明

所信表明(R3.12)[PDF:165KB]

施政方針

所信表明(R3.12)[PDF:165KB]

町長コラム

第9回「災害の教訓」(広報まつざき 令和4年9月号掲載)

  

 このたびの台風8号の上陸ならびにその後の線状降水帯の大雨による被害は、当町に大きな傷跡を残しました。町内では40軒以上の浸水被害、およそ70戸の断水などの被害を受けました。特に、松崎町の観光の牽引的な地域である雲見地区では、新型コロナウイルスの感染拡大により、辛酸をなめるような基幹を耐え忍び、三年ぶりの行動制限のない最盛期の夏を迎えた矢先の出来事でした。

  町といたしましては、すぐさま災害対策本部を立ち上げ、社会福祉協議会への災害ボランティアセンターの速やかな立
 ち上げ依頼など、対応に尽力させていただきました。

  しかしながら、発災後の対応については、被災地、被災者の皆さま方からのご意見、ご要望に対し、努力はしていたも
 のの、思うような対応ができずにおりました。防災対策に待った無し。今回の災害において、数多くの教訓をいただきま
 した。この教訓を活かし、常日頃から関係各所との連携を密にし、より一層の防災対策に力を入れてまいります。

 

 終わりに、たくさんの皆さまに多大なるご支援をいただきましたことに感謝申し上げます。

 

町長コラム バックナンバー
 第1回「さあ、新しい松崎へ!」[PDF:64.9KB] (広報まつざき 令和4年1月号掲載)

 第2回「世界でいちばん富士山がきれいに見える町」[PDF:71.8KB] (広報まつざき 令和4年2月号掲載)

 第3回「美しい温もりのあるまちづくり」[PDF:75.3KB] (広報まつざき 令和4年3月号掲載)

 第4回「文化的なまち まつざき」[PDF:84.6KB] (広報まつざき 令和4年4月号掲載)

 第5回まつざきのまちづくり[PDF:81KB](広報まつざき 令和4年5月掲載)

 第6回「まちづくりのデザイン」[PDF:87.6KB] (広報まつざき 令和4年6月掲載)

 第7回「総合計画の策定」[PDF:76.7KB] (広報まつざき 令和4年7月掲載)

 第8回「命を守る非難行動」[PDF:307KB] (広報まつざき 令和4年8月掲載)

 第9回「囲炉裏端について」[PDF:368KB] (広報まつざき 令和4年9月掲載)

お問い合わせ

松崎町役場 総務課
住所:〒410-3696 静岡県賀茂郡松崎町宮内301-1 本庁2F
TEL:0558-42-3963
FAX:0558-42-3183

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード