松崎町の漆喰文化連続講座基礎編の開催について

公開日 2021年11月15日

 松崎町の歴史・風土・文化を「知る」「伝える」「生かす」ための講座

松崎町は伊豆の中でも特別になまこ壁の建造物が多く残されており、その数190棟余り。外壁一面に施された「総なまこ壁張」と「漆喰細工」を特徴としています。また、松崎町は漆喰鏝絵を芸術の域に高めた入江長八の故郷であり、多くの長八作品が残されています。いわば、松崎町は左官技術が集結した「鏝絵・なまこ壁の宝庫」なのです。

―なぜこれほど多くのなまこ壁家贓物が残されてきたのか―
―鏝絵にみる長八の技と心は、いったいどれほどのものなのか―
―そもそも漆喰の価値とは何であるのか―

松崎町の漆喰文化をつまびらかにする基礎編の講座を全5回開催いたしますので、ぜひ足をお運びください。
松崎町の漆喰文化連続講座基礎編[PDF:2MB]

松崎町の漆喰文化連続講座基礎編_1
 

 

 

お問い合わせ

松崎町役場 企画観光課
住所:〒410-3696 静岡県賀茂郡松崎町宮内301-1 本庁2F
TEL:0558-42-3964
FAX:0558-42-3183

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード