伊豆松崎 であい村 蔵ら

公開日 2019年08月30日

 

蔵らは、高齢者の活躍する機会を創出するため古民家を改修し、平成22年(2010年)にオープン。平成25年(2013年)に企業組合を設立し、「高齢者でも夢を持って楽しく生きる」を合言葉に、ランチの提供や手芸品の販売を行っています。

地元食材を使ったランチや町の特産品の開発、高齢者の経験や特技を生かした手芸品、工芸品の製作などを通じ、高齢者の生きがいづくりに取り組んでいます。令和元年8月現在の組合員は27人で、平均年齢は73歳。食材の栽培や調理など、それぞれの得意分野で活動しています。準組合員は60人で手芸の制作・販売を行っています。

外観

 

【住所】静岡県賀茂郡松崎町松崎319-1 

【電話】0558-42-0100

【営業時間】午前10時~午後4時 木曜日定休

【営業内容】

  • 月・水・土・日は、レストラン営業
  • 火・金曜日は小物作り体験

 

蔵らの3つの理念

①町を元気に町おこしのお手伝い

 少子・高齢化の進む町を元気にするため、町や地域団体が行うイベントやワークショップなどに協力します。

②高齢者が生きがいを持って活動できる働き場所づくり

 チャンス、チャレンジ、チェンジ、チャーミング、4つの「チャ」で、元気な昭和の乙女(おばあちゃん)たちが、それぞれの特技を生かして、和裁・洋裁・手芸・料理などの分野で楽しく活動し、社会貢献活動を生きがいにします。

③こどもから高齢者まで一人でも気軽に入れる居場所づくり

 高齢者の手づくり民芸品や小物の販売、地元の食材を使った食事処、いずこいしなどの小物づくり体験により、住民の居場所としての役割を担います。

 

活動の背景

  • 郷土の偉人にゆかりのある古民家を取り壊すという話を聞き、この建物を守り、地域の宝として活用したいと考えました。
  • この建物が地域に住む高齢者にとって生きがいを感じながら活動ができる憩いの居場所となり、また、この建物を地域資源として観光客を呼び込むことでまちも活性化するのではないかと取組を始めました。

 

受賞歴

H24年度 内角府「社会参加活動事例」社会参加章

H25年度 第2回健康寿命をのばそう!アワード 団体部門 厚生労働省健康局長 優良賞

H26.3.3 がんばる中小企業小規模事業者300社(経済産業大臣より)

H28年度 町感謝状授与

H29年度 静岡県知事表彰 個人(蔵ら代表 青森千枝美)

 

活動状況

【地元食材を使ったおふくろの味(ランチなど)の提供】

さんま寿司 昼膳
毎日美味しいさんま寿司  人気の日替わりひる膳 

 

【手づくり民芸品や小物の販売】

小物の販売 小物の販売2
様々な小物が並ぶ店内 独創性あふれる商品は固定のファンが

 

【小物づくり体験】

いずこいし ハーブを使った匂い袋制作
小石にイラストを貼ってデコパージュしたいづこいし ハーブを使った匂い袋の制作

 

和紙人形作り

和紙人形づくり

 【町おこしのお手伝い】

着付け バービー人形着物
着物イベントでの浴衣の着付け

着物をバービー人形用にリメイク

ここでしか買えないものを町名産品に

 

まゆ最中
クラウドファンディングを活用した繭最中(まゆもなか)の復活プロジェクト