室岩洞(ジオサイト)

公開日 2018年05月29日

伊豆半島が海底火山であった時代に海底に降り積もった火山灰は長い年月を経て凝灰岩(ぎょうかいがん)へと変化し、「伊豆石(いずいし)」と呼ばれる石材として江戸城の石垣に使われるなど重宝されました。

室岩洞(むろいわどう)は昭和29年頃までその伊豆石を切り出していた石切り場(石丁場)の跡であり、観光整備され、昭和57年4月10日にオープンしました。ちょっとしたスリルを感じながらトンネル状の石丁場内の地層や石切跡を観察でき、コウモリの棲みついている洞窟もあります。

洞内の広さは約2,000㎡で、内部をめぐる遊歩道はおよそ180m。歩道の要所には手すり、照明、順路票が設けられていますので、安心して見学できます。裏側の展望所に向けると海の眺望、仁科方面の山、晴れた日には富士山も眺めることができます。

伊豆半島ジオパークにおける松崎町のジオサイトの一つです。

 

観光情報 

  • 洞内は8時30分~17時の間、照明が点灯しています。

アクセス

  • 松崎と岩地を結ぶ国道136号沿いに駐車場があり、駐車場から海側へ50mほど下った場所にあります。

 駐車場  

  • 無料(普通車で4~5台分)

留意事項 

  • 駐車場から洞へ降りる道へは、見通しの悪い国道を横断しますので、十分注意してください。
  • 遊歩道は整備されていますが、急な階段があります。また、洞窟内は天井が低い場所もありますので、頭をぶつけないようにしてください。

 

DSC_3636 Dscn5116 Dscf0581

展望所からの眺望
室岩洞展望所

案内図(室岩洞)[PDF:1MB]

お問い合わせ

松崎町役場 企画観光課
住所:〒410-3696 静岡県賀茂郡松崎町宮内301-1 本庁2F
TEL:0558-42-3964
FAX:0558-42-3183

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード