【不妊治療費助成】一般不妊治療(人工授精)の助成額を変更しました

公開日 2016年01月28日

少子化対策の一つとして、不妊治療を受けた夫婦の経済的負担の軽減を図るため、治療に要する費用の一部を助成します。
また、静岡県助成事業開始に伴い、平成26年4月1日以降の一般不妊治療(人工授精)の助成額を変更しました。

助成対象者

  • 不妊治療への医師の診断があること。
  • 1年以上町内に住民登録があること。(一般不妊治療(人工授精)助成申請の場合は、県内に住所がある方)
  • 医療保険法の被保険者又は被扶養者である方。
  • 夫婦及び同一世帯に属する全員に町税等の滞納がないこと。
    ※ただし、一般不妊治療(人工授精)助成申請の場合は、夫婦合算所得730万円未満、年齢40歳未満の方が対象となります。

 

対象治療 

一般不妊治療

カウンセリング、タイミング法指導、薬剤治療等

一般不妊治療(人工授精)

人工授精にかかる費用

特定不妊治療

体外受精及び顕微授精

特に必要と認める治療

腹膣鏡手術等

 

助成金額の対象額

助成金額の対象額の1/2

1回の限度

一般不妊治療・特に必要と認める治療 2万円 特定不妊治療 15万円
※ただし、一般治療(人工授精)は助成金額の対象額の7/10で6万3千円、連続する2年間のみ助成対象となり、2年間での限度額となります。

年度内限度

一般不妊治療・一般不妊治療(人工授精・特に必要と認める治療) 10万円 特定不妊治療 30万円

 

申請方法

一般不妊治療/一般不妊治療(人工授精)/特定不妊治療(*県補助無の場合)/特に必要と認める治療

不妊治療費助成金支給申請書(様式第1号)に、夫妻の戸籍謄本又は戸籍全部事項証明書、夫妻の被保険者証の写し、領収書、不妊治療受診等証明書(様式第2号)を添付し、不妊治療の終了した日の属する年度末日までに役場健康福祉課へ提出。
 

特定不妊治療(*県補助有の場合)

不妊治療費助成金支給申請書(様式第1号)に、夫妻の戸籍謄本又は戸籍全部事項証明書、夫妻の被保険者証の写し、静岡県特定不妊治療費補助金申請書の写し、特定不妊治療受診等証明書の写し、交付決定通知の写しを添付し、県補助金交付決定のあった日の属する年度末日までに役場健康福祉課へ提出。

 

申請書ダウンロード

不妊治療費助成金支給申請書(様式第1号)[DOC:33KB]

不妊治療費助成金支給申請書(様式第1号)[PDF:88KB]

不妊治療受診等証明書(様式第2号)[DOC:36KB]

不妊治療受診等証明書(様式第2号)[PDF:78KB]

静岡県特定不妊治療費助成制度についてはこちら

 

お問い合わせ

松崎町役場 健康福祉課
住所:〒410-3696 静岡県賀茂郡松崎町宮内301-1 本庁1F
TEL:0558-42-3966
FAX:0558-42-3184

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード