国民健康保険の給付について

公開日 2019年01月11日

療養の給付

CWCC020 病気やケガにより、病院等にかかるとき、義務教育就学前2割、義務教育就学後以上70歳未満は3割、70歳以上75歳未満は1割又は2割(現役並み所得者は3割)を支払うことにより、診察を受けることができます。
 ※高校3年生以下のお子様については、別に子ども医療費助成制度の適用があります。 後期高齢者医療制度該当者は除きます。

 

療養費

 やむを得ず保険証を持たずに受診したときや、補装具などを購入したときなどは、一旦全額自己負担になりますが、申請により自己負担分を除いた額が支給されます。
 このようなときは、速やかに保険年金係までご連絡ください。

 申請書は、こちら[PDF:135KB]です。

 また、海外で受診したときも、支払った医療費の一部が払い戻しされるものもあります。手続きについては、保険年金係までご連絡ください。

高額療養費

 医療費の自己負担額が高額になり、一定の額を超えた場合、その超えた分を高額療養費として支給されます。
 (但し、室料差額、入院時食事代などは含みません。)

負担限度額

70歳未満の人

所得区分※1
区分 3回目まで 4回目以降※2
所得が901万円を超える
252,600円+医療費が842,000円を超えた場合は、その超えた分の1%
140,100円
所得が600万円を超え
901万円以下
167,400円+医療費が558,000円を超えた場合は、その超えた分の1% 93,000円
所得が210万円を超え
600万円以下
80,100円+医療費が267,000円を超えた場合は、その超えた分の1% 44,400円
所得が210万円以下
(住民税非課税世帯を除く)
57,600円 44,400円
住民税非課税世帯※3
35,400円
24,600円

 ※1 所得区分の判定は、同一世帯の全ての国保被保険者の基礎控除後の所得
 ※2 同じ世帯で同じ月内に各医療機関に21,000円以上の自己負担額を2回以上支払った場合、それらを合算して限度額を超えた分が支給されます。
 ※3 住民税非課税は、同一世帯の世帯主と全ての国保被保険者が住民税非課税の方

70歳以上75歳未満の人(平成30年8月から)

所得区分

外来(個人単位)

外来と入院(世帯単位)

現役並み所得者

Ⅲ(課税所得690万円以上)

252,600円+医療費が842,000円を超えた場合は、その超えた分の1%

(※1)

Ⅱ(課税所得380万円以上)

167,400円+医療費が558,000円を超えた場合は、その超えた分の1%

(※2)

Ⅰ(課税所得145万円以上)

80,100円+医療費が267,000円を超えた場合は、その超えた分の1%

(※3)

一般
(課税所得145万円未満等)

18,000円(※4)

57,600円(※5)

低所得者Ⅱ

8,000円

24,600円

低所得者Ⅰ

8,000円

15,000円

 ※1 過去12か月以内に限度額を超えた支給が4回以上あった場合、4回目以降は140,100円です。
 ※2 過去12か月以内に限度額を超えた支給が4回以上あった場合、4回目以降は93,000円です。
 ※3 過去12か月以内に限度額を超えた支給が4回以上あった場合、4回目以降は44,400円です。
 ※4 年間(8月~翌年7月)の限度額は144,000円(一般、低所得者Ⅱ・Ⅰだった月の外来の合計の限度額)です。
 ※5 過去12か月以内に限度額を超えた支給が4回以上あった場合、4回目以降は44,400円です。

 ・75歳到達月は、国保と後期高齢者医療制度の限度額がそれぞれ2分の1となります。
 ・現役並み所得者でも、以下の対象者については、申請により「一般」の区分となります。
 ・当者の収入の合計が、2人以上で520万円未満、1人で383万円未満(後期高齢者医療制度に移行伴い、国保を抜けた人を含めて520万円未満)

出産育児一時金

 被保険者が出産したときに支給されます。(出産1件につき42万円を支給。)
 (産科医療補償制度未加入の医療機関では40万4千円)

 

葬祭費

 被保険者が死亡したときに葬祭を行った者に対し5万円支給されます。

 

高額医療・高額介護合算制度

CWCC032 医療費が高額になった世帯に介護保険の受給者がいる場合、国保と介護保険の限度額を適用後に、合算して下記の限度額を超えた場合は、その超えた分が支給されます。
 ※合算した場合の限度額(年額:8月~翌年7月)

70歳未満の人

所得区分

区分

限度額

所得が901万円を超える

212万円

所得が600万円を超え901万円以下

141万円

所得が210万円を超え600万円以下

67万円

所得が210万円以下

(住民税非課税世帯を除く)

60万円

住民税非課税世帯

34万円

 

70歳以上75歳未満の人

所得区分

限度額

現役並み所得者

Ⅲ(課税所得690万円以上)

212万円

Ⅱ(課税所得380万円以上)

141万円

Ⅰ(課税所得145万円以上)

67万円

一般(課税所得145万円未満)

56万円

低所得者Ⅱ

31万円

低所得者Ⅰ

19万円

お問い合わせ

松崎町役場 健康福祉課
住所:〒410-3696 静岡県賀茂郡松崎町宮内301-1 本庁1F
TEL:0558-42-3966
FAX:0558-42-3184

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード